よくある質問と回答|現代文は要約文で伸ばせ!
050-5809-5956受付時間 12:00~20:00

よくある質問


◎質問をクリック(タップ)すると回答が表示されます。

そうです。

最初の答案をお送りいただいた日を初日として連続した8日間です。

その間の答案提出回数はとくにカウントしません。場合によっては1日に二回答案をお送りいただいても大丈夫だということですが、逆に答案を提出しなくても日にちは過ぎていきます。

時間は、取り組む内容にもよりますし、生徒によっても異なりますので一概にはいえませんが、初回は要約文があるため30分~1時間弱というところでしょうか。その後はそれを修正したり、質問に答えたりしてもらうだけですので、1回15~30分程度だと思います。

問題の難易度は受講生のレベルに合わせたものとなります。ですから極端な場合では高校3年生でも中1レベルからはじめてもらうことはあります。

何日までにこれをやらなければならないというノルマはありませんので、受講生のペースで進めていくことができます。

毎日でもできますし、週に2~3日でもできます。

とはいえ、一日に複数回数答案を提出しても、あるいは一週間に1~2回だけ提出しても受講料は同じですから頻繁に送ってくれたほうがお得ですし、成果も早く出ます。

こればかりは一概には言えませんが、この講座は開設して10年以上たちますが、その間の多くの受講生の様子を見ていると、平均して3ヶ月くらいで力をつけていることを感じます。

3ヶ月継続的に学習すると、生徒本人も自分の中で何かが変わってきていることに気づくだろうと思います。まずは3か月継続してみてください。

しかし、もう一度繰り返しますが、これは個人差がありますので、保証できるものではありません。

火曜日だけ休日とさせていただいています。

土曜・日曜・祝日はお休みではありません。

また、夏季・冬季休業など年に数回1週間程度のお休みをいただくことがありますが、そ の場合は、受講期間が延長されます。

休会は長期入院、海外短期留学などを除いて基本的にはできません。

とくに学校の試験やクラブ活動などでの休会、受講期間の延長はできません。

退会時は、ご自身の責任においてお手続きをお願いします。

最初にクレジットカードでお支払いいただきますが、そのときに退会時のURLをお知らせします。そこから退会手続きをお願いいたします。

これをうっかり忘れると口座から受光用が引き落とされてしまいますのでご注意ください。

なお一度引き落とされた受講料はいかなる理由においても返金できませんのでご了承ください。

また退会手続きの代行もできません。くり返しになりますが必ず引き落としまでにご自身でお手続きください。

受講は1ヶ月単位となっており、日割り計算はしません。

1日でも次の月に入るとその一か月間が受講期間となります。

なお、最初に銀行振り込みで3か月分ご入金いただいている方は、一ヶ月単位での返金をいたします。なお、その際の振り込み手数料は受講生負担とさせていただきます。

私からのメールは、受講生それぞれの今の力に合わせたものになりますので、受講生によって異なります。ひらがな一文字の指示から文章全体の要旨まで様々な指示が出ます。 受講生の弱点を見つけ、そこを鋭く指摘します。

一般的な問題集などにある長さだとお考えください。入試問題ほど長くはありません。

もちろん文章によってことなりますが、一つの目安としては300字程度になります。

あまり長すぎては要約文になりませんが、100字では最後の結論だけ書いておしまいとなってしまいますので適当ではありません。

受講生の実力や弱点を見抜き、内容に関することはもちろん、語彙に関する問題や答案の書き方など、受講生一人ひとりに的確なアドバイスをお約束します。

要約文も一人ひとりの実力にあったレベルを求めるため、一律の合格基準はありません。

それができるのも塾講師歴25年、高校教員歴15年以上という経験があるからこそです。